傷や故障は自力で治そうとしない

少々のへこみや傷は手を加えない方が良い?

車体の目立つところにできてしまったへこみや傷は査定前に直しておいた方が高く売れるのではないか、と考えている方は多いと思います。
しかし、その修理にかかった費用が買取の価格に見合っているかは査定前にはわかりません。
大抵の場合は修理費用の方が高くついてしまい、せっかく買い取ってもらっても足が出てしまうこともあります。
というのも、ほとんどの買取業者は車の修理機能、施設も持ち合わせており、いち個人が修理店などに依頼するよりも安価で修理できてしまうためです。
買い取る側として考えれば、高いお金を払って修理されていたからといって自分たちで安く修理できることに高評価はつけませんよね。
少々のへこみや傷は手を加えずそのまま査定してもらった方が無難です。

修理費用をケチって自分でやるのは避ける

ちょっとした傷だからといって、ホームセンターの材料を使って自力で修理しようと考えるのはとても危険です。
査定士は車体の隅々までチェックします。
車体表面についてはそれこそ目を凝らして、さまざまな角度に目線を移動させ、また手触りなどで傷やへこみの有無を確認していきます。
コンパウンドで研磨してごまかしてあったり、それこそ、塗り斑などがあったりするような場合、査定の評価が下がり、減額につながってしまうことも多いようです。
細かな傷がつきやすいドア部分などの傷は手を加えない方が無難です。
自分が乗っていて特に気になるような大きな傷等については費用が掛かっても修理業者にお願いするようにしましょう。
長く乗り続ける愛着のある車ならばともかく、ファミリーで使用している車などはお子さんの成長に合わせて買い替えもあり得ます。


この記事をシェアする